スリメックス(主成分シブトラミン)の効果、副作用

スリメックス

スリメックス(主成分シブトラミン)を正しく服用しましょう
食欲抑制の効果があることで有名な、スリメックス(主成分シブトラミン)について、正しく理解しましょう。
ここでは、効果、副作用についてまた、服用方法について説明します。
スリメックス(主成分シブトラミン)には、交感神経を活発化させて副交感神経を落ち着かせ、またセロトニンの働きを調整したり、食欲を抑制する効果を持った成分が含まれています。
もともとは、うつ病の薬としてドイツで発明されたものですが、抗うつへの効果はあまり期待したほどでなく、かわりに食欲抑制効果の方が注目を集め、食欲を抑える薬として世界的に有名になりました。
このように利点の多いスリメックス(主成分シブトラミン)ですが、注意する点もあります。
どのような薬も同じですが効果と同様に副作用についての知識を得ることで、より安心して使用できるというものです。
シブトラミンを含むダイエット薬を服用する場合の注意点は、標準的な体重の人が服用するには不向きだということです。
栄養学的に言うと、標準体重の方は、適度に栄養を取っているため、それ以上痩せる必要がないのです。
ただ、これは、医学的・栄養学的な見地からの視点です。
正しい飲み方は、医師からの指示に従うことが基本です。
スリメックス(主成分シブトラミン)は、朝か昼のご飯の前に飲むといいと言われてます。目が醒めるので、夜に服用すると眠れなくなるかもしれません。
ホルモンとしても働くため、妊娠中の方や、脳卒中、心臓疾患のある方は服用を控えるか医師に相談の上で服用して下さい。
服用後は、先に上げたとおり不眠、めまい、便秘、喉の渇きなどがでることがあります。
この症状は軽度の事が多いようですが副作用を強く感じたら服用を中止して下さい。
このように、軽度であったとしても副作用が報告されておりますので、最初は2日に1錠くらいで様子を見た方がいいかもしれません。
スリメックス(主成分シブトラミン)を大量に服用しても効果に差はありませんので、決められた用法を守り正しく使用することが大切です。
また、これらの症状は個人差もあり、個人の体質の違いなどもあるので全員に当てはまるわけではありません。
必要以上に警戒することもありませんが、服用する場合には正しい知識をもち、最終的には自己責任で使用することをおすすめします。
スリメックス(Slimex)リダクティルのジェネリックのご注文はこちら
 
個人的な感想ですが、スリメックスの副作用は、軽いです。知人も体重が増加した時は減量のためにスリメックスを個人輸入してます。目が醒めるので、朝飲んだほうが良いです。
スリメックスと同じ成分のメリディアを昔愛用してましたが、今は品切れで製造終了しているとのことで、今回、抗肥満薬のスリメックスを購入しました。
 
 
痩せたいやけど、なんでも食欲を抑えきれんとついつい食べ過ぎてしまう。
そない悩みってありますやろ。
食べてしもたら太ってしまう、痩せられへんことは分かっていても、食べずにへーられへん。
そない状況に陥ってしもたことはあらしまへんか?
そない悩みを解決しはる方法ん一つとしいや、食欲を抑制しはるお薬があります。
スリメックスです。
どない食欲を抑制しはるん?
食欲ん抑制効果は「スリメックス」に含まれへんシブトラミンちゅう成分が発揮します。
「シブトラミン」って聞きなれへん名前ですやろ。
こん「シブトラミン」、一体、人体にどんような働きかけをしはるさかいしょう?
調べてみると、主に「セロトニン」と「ノルアドレナリン」ん機能に働きかける効果があるようどす。
「セロトニン」と「ノルアドレナリン」、どちらも名前やけは聞おいやしたことがあるちゅう人もやはるかも知れまへんね。
どないな働きをしたはるんかそれぞれ見てみまひょ。
「セロトニン」は脳に神経を伝達しはるモンしちん一つで感情や精神をコントロールしはる大事な役割を果たします。
実はこん「セロトニン」、食欲かて深く関係しいやおいやしたんどす。
こんセロトニンはぎょうさん分泌されへんと幸福感を感じまっけど、反対にに分泌量がすけないと落ち込んやり鬱にならはったりしいやしまいす。
ストレスが溜まるとセロトニンん分泌量が減ると言われていて、セロトニンん量がすけない状態ほな食べても満あいや感が得られにくく、ヤケ食いを起こしやすくなってます。
食欲抑制剤ん「スリメックス」に含まれへんシブトラミンは、こんセロトニンん働きを調整しはることによって、食欲を抑制しはるんどす。
 
 
スリメックス(Slimex)リダクティルのジェネリックのご注文はこちら