サノレックスの重大な副作用

サノレックス

自分はサノレックスを12日服用したら、激しく鬱になったので、
シブトラミンが主成分のスリメックスに変更しました。
スリメックスに変えてから副作用は感じないかも。
プロテインダイエットも同時に始めたので、
1週間で2キロくらい減って欲しいなあー。
スポーツジムでマンツーマントレーニングしようかな。
目標は今より5キロ減です!
サノレックスの服用で鬱になったり体臭きつくなったりしたので、サノレックスの副作用について調べてみました。サノレックスは覚せい剤(アンフェタミン)に似ている?
______________________________________
サノレックスの製造元の富士フイルムファーマの公式発表の副作用
5%以上の頻度で出るもの
口渇感(口が乾く)、便秘
0.1%~5%未満
睡眠障害、頭痛、脱力感、めまい、悪心、嘔 吐
重大な副作用(頻度不明)
1)依存性:本剤の主要な薬理学的特性はアンフェタミン類と類似しており、サルでの静脈内薬物自己摂取試験においては摂取頻度の増加がみられ、精神依存の形成が認められている。(アンフェタミンをはじめとする中枢興奮剤は耐性及び精神依存を形成することが知られている。)
______________________________________

ここまでは、製薬会社の公式発表
サノレックスを処方するクリニックでも、依存性について指摘している正直なクリニックもありますね。
サノレックスは、化学構造上「アンフェタミンの誘導体」に属します。(省略)問題なのは精神依存です。薬はもう効いていないのに、「飲んでなければなんか不安」という気分になることがあります。(四ッ谷レディスクリニック)
Q. 依存性はありますか?
A. サノレックスは、構造上アンフェタミン誘導体に属します。アンフェタミンには身体依存の副作用がありますので、サノレックスにも身体依存が起きる可能性が指摘されております。
またサノレックスに頼らなければ太りそうで不安という精神的依存もありますので注意が必要です。服用には医師の指導のもと、適切な体重管理、ダイエット指導が必要となります。
(プリモ麻布十番クリニック)
 
よく、覚せい剤を飲んだ人の体験談で、「食欲が無くなり眠れなくなる」というのがありますよね。サノレックスは覚せい剤(アンフェタミン)の似た構造なので作用も似ているようです。